2013年04月25日

何となく春

ozyagaike.jpg
   雄蛇ヶ池の春
プティバレエの発表会も終わり、ノンビリして居ます。
と言いたい処ですが、どうにもこうにも木が繁り過ぎて、日当りが悪くって堪りません。
紫陽花と薔薇の為にも、かなり刈り込まなければと、奮闘中です。
桜切る馬鹿・・・とは言いますが、桜もかなり切らなければと思います。

風景画のポイント探しに「雄蛇ヶ池」に行きました。
心霊スポットで有名ですが、昼間行けば、釣人の為の大きな池という処です。
名前から来るイメージなのでしょうか。

「失恋した娘が身を投げた。」とか「女のすすり泣きが聞こえる。」とか聞きますが、
なんで雄の蛇の池なんでしょう?
もっと古い言い伝えがあるんでしょうか。
posted by 余村展 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記