2018年04月01日

眠れる森の美女 上演終了しました。

IMG_4258.JPG
    ラストシーン めでたしめでたし
無事に終了しました。
K子さん、いつも大変お世話になっております。
お花を有難う御座いました。八海山もごちそうさまでした。
来て頂いた皆様、近所のSさん、Yさんと日本画のFさん
油絵のS夫妻、その他大勢の方々、有難う御座いました。
スタッフの方々、撮影の方々、ご協力ありがとうございました。

プティの卒業生のお嬢さんも大勢見に来てくれました。

無事に終了、これが一番ですね。
有難う御座いました。
posted by 余村展 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月26日

ついでの告知です

冬瓜  F6号 (2).jpg
    「冬瓜」 F6号
  2018グレートリープ展    4月30日(月)〜5月6日(日)
                  午前10時〜午後6時 入場無料
                世田谷美術館

芸術家年鑑が主催する美術展だそうです。
出品料をふんだくられましたが、嫁が乗り気で、手続きをしてくれました。
世田谷美術館は、面白い企画をやるので、私も二度ほどお邪魔した事があります。
私の作品が、あの館内に展示されると思うと、ワクワクして来ます。

「冬瓜」は以前、ホオズキの赤と対比させる為、冬瓜を描きましたが
余りにも在り来りの印象をどうにかしたくて、古いミニカーに替えました。
   2台の車がレースをして、冬瓜の後ろを廻って来た処です。
posted by 余村展 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

第93回 朝日チャリティー美術展

りんご F3号.jpg
  「リンゴ」F3号
2018 4月6日(金)〜9日(月)
松屋銀座8Fイベントスクエア

文字通りのチャリティーですので、作品を提供しただけ。
どんな額装をして、どんなお値段がついているのか分かりません。
何度か出品していますが、今回初めて見に行こうかと思います。
posted by 余村展 at 09:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月23日

プティバレエ教室発表会

くるみ割り人形のMMN.jpg

  眠れる森の美女 (全幕)
              2018 3月31日(土)
              東金文化会館 小ホール
              開場 13:00
              開園 13:20〜15:00
 二度目になりますが、眠れる森の美女 です。
 少子化の影響でしょうか、生徒数が減っておりまして
 全幕をやれるのも最後かも知れませんが、レベルは確実に上がっています。
 お近くの方々、どうぞ見に来て下さい。

丸い額縁の絵は、くるみ割り人形の王子様を演じた
MMNさんを星の王子様風に描いてみました。
(気に入ってくれるかな?)
posted by 余村展 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月04日

ふるさと美術展

九月の柿と冬瓜と P10号.jpg
  「九月の柿と冬瓜と」 P10号

第23回 大網白里市 ふるさと美術展   3月17日(土)〜3月25日(日)
                     AM9:00〜PM5:00
                    大網白里市 保険文化センター 3F
今回はこの冬瓜を出品します。

オリンピック終わりましたね。
「そだねー」と羽生選手の国民栄誉賞の話題が賑やかですね。
パラリンピックはどんな選手が出て来るんでしょうね。
posted by 余村展 at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月19日

小平奈緒さん 金メダル おめでとー

IMG_4079.JPG
  猫は高い所が好き 窓際の棚の上にベッドをご用意致しました。
  それにしても、こんな格好で肩が凝らないのかなー。

ヤフオクの件ですが、やっと真相が解りました。マリア書房の「現代の洋画」でした。
毎年、約100人の画家の新作を一人1ページで掲載する雑誌でした。
掲載料を取らないので、毎年、作品のポジを送っていました。もう廃刊になりましたが
あの雑誌の1ページを切り取って額装して29,000円とは・・・笑うしか無いですね。

法的に問題ないとコメントしてましたが、24時間の出品を毎日繰り返したり
出品者名を幾つも使う、等、どうゆう戦略なのでしょうか?
時間の無駄に成るので、考えるのを止める事にしました。

小平奈緒さん、おめでとうございます。
O.R.オリンピックレコードで優勝なんてカッコイイですね。
平地のリンクでは世界新記録と同等の大記録です。
最近の若い者は頼もしいです。長生きしてよかったー。
posted by 余村展 at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月15日

図々しいにも程がある

IMG_3981.JPG
        やりたい放題のジャン

 ある人から、私の絵がヤフオク出品されているが本物なのか?と聞かれました。
クリックしたら、昔の絵がずらーっと。よく見たら画集から切り取って額装したという話。
残念ですが、私は画集を発行した事が無いのです。何処かに幻の画集が・・・在る訳無いです。
よくよく見たら、このウェブサイトの画像データ其の物です。他にもあちこちから画像データを
持ってきてコピーした様です。

 ヤフオクに違反行為の報告をしたり、質問欄に「間違ってますよ」と投稿したりしましたが
相変わらず違法行為が収まりません。警察にでも相談に行こうかどうしようか考えています。

違法出品者に一言、「もっと良い人生を送れよ。」
posted by 余村展 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月08日

白髪頭とジャン君

IMG_3925.JPG
MMN様 更新遅れてスイマセンでした。
この頃は、窓際で日向ぼっこが好きみたいです。
とは言っても、かなりの暴れん坊将軍で、ピアノの上に飛び上がって、飾ってあるもの
蛤とか、木製の歯車とかを、床に叩き落として遊んだりしてます。
今度はお父さんが涙目です。
posted by 余村展 at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月20日

涙目の2ショット

IMG_3811.JPG

 お父さんの膝の上で昼寝するベンに、お父さんの肩の上から襲い掛かるジャン。
舐めたり、噛んだり、引っ搔き、猫パンチ、やりたい放題のジャンに
ベン君、一寸涙目に見えます。
posted by 余村展 at 18:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月17日

ジャンとベンのお昼寝

IMG_3793.JPG
    犬ちぐら?のジャン
 ベンが昼寝中にベンが乱入、乱闘の末、ベンが逃げ出す。
静かになった処で、ベンがご帰還。暫くすると一緒にお昼寝。
一時間程寝ていたようです。
href="http://hirakuy.sakura.ne.jp/sblo_files/hirakuy/image/IMG_3797.JPG" target="_blank">IMG_3797.JPG
   (本日のベストショット) 窓の外を見つめるジャン
posted by 余村展 at 17:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月14日

ジャン君です。よろぴく

IMG_3752.JPG
   ベン君に附いてきたジャン君
 朝の散歩中、生垣の根元に黒い塊が有りました。
ベンがクンクンと嗅ぐと、ニャーニャーと動き出しました。
咄嗟に事態を把握したお父さんは、ベンのリードを引いて立ち去ろうとしました。
黒い塊はよちよちとベンの後を追いました。
何度か行ったり来たりしましたが、意外に素早くて、附いて来ます。
車も通る通勤時間帯です。
抱き上げてしまいました。
 めでたしめでたし。

 実は以前から黒猫が描きたいと思っていました。
サンタさんにお願いはしなかったのですが、
やっぱりクリスマスプレゼントだったのでしょうか。
posted by 余村展 at 12:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月25日

復活

ming.jpg
久々の登場です。
アップ出来無くなって幾星霜。
一年半も前の写真ですが
民芸館です。
タグ:家族
posted by 余村展 at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月07日

いざ、バルテュス展

tobikan.jpg
 都美術館 前庭で

絵を描くときは「我」というものを出さず、むしろエゴを捨てるべきだ。
とバルテュスは言っていたそうですが

自分だけのテーマを自分らしく、自分の為だけに描いた人のように思える。
エゴの塊のような作品に見えるのですが・・・。
私の理想とする境地なのです。

バルテュスが愛用した、泥絵の具を買って帰りました。

東京駅傍のキッテの地下で秋田料理の店で遅いお昼にしました。
昼食兼用の遅い朝食がブランチならば、
さしずめランナーとでも申しましょうか。

鶏肉、純米酒、美味しかったです。
posted by 余村展 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今年の連休は近場でマッタリ

karao.jpg
  独身に戻った姉とデュエットする次女

3日の昼前、片貝海岸で潮干狩り。ここではアサリではなく蛤が取れます。
私は小さめの蛤を二十数個も見つけたでしょうか、
次女はサーファーのお兄さんに大きいのを五六個頂いたそうで、
三人合わせると結構な収穫でした。
(お母さんは帽子と白い上着に包まって、風に耐えていました。)

海の家の様なレストラン?で海老と鰯と天丼で遅い昼食を摂って
カラオケに突入しました。
65歳を記念して、昔歌っていたP.P.M.やサイモンとガーファンクル等
歌いました。

posted by 余村展 at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月04日

村岡花子さんの事

bigining.jpg
  「はじまりのとき」  油彩紙 SM位

近頃では、紙に油絵を描くのが(個人的に)流行っています。
水彩の様でいて重ね塗りが利く、私に合っているかも知れません。
何よりも良い事は、水彩の額縁に入れられる事です。
大仰な油彩額は不便といえば、不便だからです。

童話を書くように、絵が描けないか。
挿絵という意味では無くです。
一冊の童話のような一枚の絵。
それが描いてみたいです。

童話といえば、NHK朝ドラで村岡花子さんをやっていますが
実は私、村岡さんのご自宅に
何度かお邪魔したことが有ります。

昔々、私が小学生の頃、村岡さんはご自宅で図書館を開設されていました。
或る日、友達に教えて貰って、一人で行ってみたのですが・・・。

裏口を開けると直ぐに六畳位の部屋に通じていて、部屋中に本棚が並んでいました。
部屋の隅に貸し出しノートが置いてあって、そこに借りる本の題名と自分の名前を
書いて、何も言わずに村岡邸を出る。
家の中は物音一つしない。

誰も見ている人は居ないけど、何故か緊張する独特の雰囲気でした。
三回ほど借りにいったような気がしますが、
その間、他の利用者とも、誰とも会った事は有りませんでした。

何か特別な、
静かな時間を過ごさせて頂いた様な気がします。


posted by 余村展 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月01日

「くるみ割り人形」でした。

クララと王子.jpgアラビア.jpg
   アラビアの踊り

昨日、東金文化会館に於いて、プティバレエ第14回発表会が無事終了しました。
来て頂いた皆様、お足元お悪い処を有難う御座いました。
お花を下さった皆様、有難う御座いました。
お花とお菓子と御酒を下さったK子様、いつも有難う御座います。
(発表会前日の夜、長女と飲ませて頂きました。)

今回は高2の次女が、くるみ割り人形(王子)とコーヒーの精と
早着替え も含めて、大活躍でした。

最近また、バレエに熱心に取り組んでいるようで
「一安心」といった処です。
posted by 余村展 at 19:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年11月29日

冬ですね。

asasanpo.jpg
 「朝の散歩 11.10」  F4号

毎日の散歩の途上
目に付いたモノを頂いて来ました。
その日が11月10日でした。
別の仕事で忙しかったので、何日か経ってから始めました。
その所為で、アオツヅラフジの実が萎んでしまいましたが。
それはそれで好かったのでは、と思います。

久々の自信作です。
何か、新しい可能性を見つけた気で居ます。

やっと香川君の調子が上がって来ましたね。
ルーニーへのパス、まるで柿谷から岡崎へのパスみたいでした。
ザックジャパンも大迫の一発で息を吹き返したようで
やれやれ、です。
posted by 余村展 at 16:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年09月19日

貝合せ

nobudou.jpg
  蛤に「野葡萄」

館長さん(望月やす子さん)に薦められて
蛤に絵を描いてみました。

九十九里のお土産に如何?
posted by 余村展 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

お月見です。

otukimi.jpg
 望月定子美術館の 「冷やし抹茶セット」 お月見バージョン

お菓子は自家製
お抹茶は一度点ててから、冷やしました。
コースターも自家製

木曜日はお昼に手打ち蕎麦がでます。
近所の蕎麦好きが押し寄せます。(ホントです。)
なので、木曜は美術館より、蕎麦屋で大忙しです。

私はお蕎麦とお抹茶を頂きます。
posted by 余村展 at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2013年08月09日

彫刻家 高村光太郎展 を観た。

「小手毬 あるいは 青のパッカード」  F6号.jpg
 「小手毬 或いは 青のパッカード」  F6号

一家揃って(と言っても三人だけに為ってしまったが)千葉市美術館へ行った。
「蝉」や「蓮根」等、初めて見る木彫も素晴らしかったけれど
やっぱりと言うか、以外にと言うべきか、ブロンズの「手」が圧巻だった。

皇居の傍の美術館で、何度も見ている筈なのに、こんな素晴らしい作品だったとは・・・。
魅入られた様に「手」の周りを何度も何度も、グルグル、ぐるぐると回り続けてしまった。
何処から見ても美しい手、優しい手、動き出す手、毅然とした手、
今迄何を見ていたのか
一人で出掛けていたら、多分半日位見て居ただろう。

ブールデルの手、マイヨールの手、その他有名作家の手が展示されていたが
まず、一番輝いている、光太郎「手」だった。
posted by 余村展 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記